体と心に元気と癒しを届ける健幸スポット プルミエイル整健堂  プルミエイル整健堂 お問い合わせメール
十二経絡について
トップページ プロフィール 店舗案内 講師依頼 オフィス案内




















経絡には、主なものとして、十二経脈、十二経別、十二経筋、および奇経八脈などがあります。こちらのツボについてのページでは、主な十二経脈をご紹介しております。経絡調整法セミナーでは、十二経脈に沿ったアプローチをご紹介しておりますので、セミナーにご興味のある方は、参考にご覧ください。

経絡の“経”は、上下に走行する縦の径路を意味し、“絡”は、経と経とを結ぶ左右に横行する径路を意味します。 経絡は、主幹と分枝とに分かれ、内部では臓腑に属し、外部では体表に分布し、全身くまなく網の目のようにいきわたっています。 それぞれの経絡の名称には、臓腑の名がありますが、これと病変の部位を示すものではありません。 例えば、肺経の異常は、肺の病気を意味するものではありません。




【手の太陰肺経11穴:てのたいいんはいけい】


経絡図 肺経


(正面から見た図)

●肺は、大臣兼書記を司る。 
生命を与えるネットワークを調節する。
【黄帝内経より】

●生命の最初の息が通る経路であることから、最初の経絡とも呼ばれています。
(表裏関係にある経絡)
手の陽明大腸経
(てのようめいだいちょうけい)

(病症)
胸苦しい、呼吸困難、咳、口の渇き、目のかすみ、手のひらが熱っする、頻尿、肩や背中が痛む、発熱して発汗または悪寒など

(メモ)
文字を書く、パソコン作業が多いなどのいわゆるデスクワークの方や、重たい荷物を持つ作業などをされる方は、特にこの肺経ラインにコリをよく感じます。
手、腕の緊張を緩める際には、まず親指の付け根からひじの手前までにかけてアプローチしていくと緊張がほぐれます。(+心経と心包経もアプローチ要)






【参考文献】
・図説 東洋医学(基礎編):学研
・マインド×ボディ×スピリット:産調出版







copyright(C) premier seikend allright reserved